専門学校情報を分野別に検索

全国専門学校

生活施設検索からお部屋探しまで

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

将来の自分について考えたことはありますか?

自分の理想像を持ち、夢や目標に向かっている人にとって生活設計はキーポイントです。その設計図を現実のものにするためには、経済面の計画が欠かせません。

そこで「夢や目標」と「お金という現実的な問題」との距離を縮め、豊かで充実した暮らしを実現するためのアドバイスとサポートを行なうのが、『ファイナンシャルプランナー(FP)』です。

家計簿や保険の見直しなど日々の生活に関連した身近な相談から、結婚や家の購入、転職、子どもの進学など、人生の節目に関連した相談まで将来設計のサポートをしてくれます。

幅広い知識を持った、お金のプロフェッショナル

幅広い知識を持った、お金のプロフェッショナル

例えば「マイホームを持ちたい」という夢の実現にも、お金の問題は多くのウェイトを占めます。「頭金はどのくらい必要か?」「住宅ローンはどう組めば良いか?」など、素人では安易に判断できないことも多くあるでしょう。

今後の生活設計にも関わる大切なお金の問題を、プロの視点で適切に判断し、様々なマネープランの提案やアドバイスを行なうのがファイナンシャルプランナーの役目です。

ファイナンシャルプランナーは、お金のプロフェッショナルとして、金融・税金・不動産・住宅ローン・生命保険・年金制度などの幅広い知識を持ちながら、必要に応じて弁護士や司法書士、税理士、会計士、社会保険労務士といった各分野の専門家とのネットワークを活かしながら、依頼人に最適なファイナンシャル・プランニングを行なってくれる、心強い存在と言えるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの種類

ファイナンシャルプランナーは主に企業系と独立系に分けられます。

企業系は、銀行や証券会社、保険会社など、金融機関をはじめとする特定の企業に所属するのに対し、独立系は、特定の企業などには所属せず、依頼主の依頼内容にあわせて、トータルにアドバイス、プランニングを行ないます。

それぞれ特徴がありますので、どちらのファイナンシャルプランナーにするかは、相談する内容や予算に合わせて、より適切な方を選択するようにしましょう。